go_to_the_top
WORKS
制作実績
Blue-digital_Agency
概要
基本的な情報の提供から知的な印象と信頼感、安心感を与えるシンプルなコーポレートサイト
企業に対する情報収集から企業に対する理解が深まり、企業の事業を訴求し、これまでにより多くの顧客との信頼関係を気づくことが出来、ビジネスチャンスの獲得に繋がるように制作しました。
目的
ユーザー視点での簡易な情報提供を意識し、企業への興味を引き立てる。
扱っているサービスが理解しやすい、情報伝達を促すことで企業の事業を訴求する。
企業イメージの向上のためにサービスの信頼性を高めることでビジネスチャンスに繋がり、企業のブランドイメージを向上させたい。
ペルソナ
Blue-DigitalAgency_persona
佐藤 弘樹さん(28歳・男性)
Future mind goodsに在職
マネージャー
勤続5年
Webマーケティングの部署に所属している
自社企画・生産中心の商品販売サイト「Future mind goods」にて5年間のWebプロモーション、マーケティングに従事している
商品力があり、リピーターも順調に年々増加しているため、今後さらに売り上げを伸ばすために
①新規顧客の客層を開拓
②顧客単価や進捗の向上
などの策略を検討しているが未進捗となっている
自社企画・生産中心の商品販売事業「Future mind goods」全国35店舗とECサイトを運営している
ゴール
インターネット広告事業を主軸としたマーケティングを中心に
WEBサイトをリサーチし、WEBサイトへ訪れる

企業への興味を持つ

企業の事業を訴求し、顧客との信頼関係を築く

ビジネスチャンスの獲得に繋がる
制作担当
デザイン
制作ツール
Photoshop、illustrator
制作期間
1週間
制作ポイント
情報要素
統一感、親近感の印象を与えるゴシック体
字の太さに変化がないため、サイト全体的に統一感を生む。
素直で柔らかな印象より読み手に親近感を与えている。
行間のバランス次第で情報理解を促進
行間を意識することで読み手の目に情報がぐっと見やすく留まりやすいように工夫。
情報の干渉を和らげる余白
デザイン・情報要素の周りに余白を設けることで真っ白な空間を生み、情報の干渉を和らげている。
情報同士が近すぎるとお互いに主張しすぎてしまうため、懸念を払拭するために適切な余白を設けることで分かりやすい情報伝達を
促進している。
デザイン要素
コーポレートカラーを用いた青い線だけで出来た、シンプルなロゴ
illustratorを使用し、自作におけるロゴ。
「重ねる」というコンセプトを秘訣に込め、企業における技術、想いといった積み重ねから厚い信頼を寄せ、ビジネスチャンスの獲得への 前向きさを象徴している。
メインカラーに用いたコーポレートカラーの「青色」
ビジネスのイメージを醸成し、誠実さ、知的なイメージを与えている。
「落ち着き」や「冷静」といった配色効果より、サイト内の情報に対する判断・集中力を促している。
企業の持つ姿勢を象徴としたファーストビュー(右上)
空の広さと無限大を重ね、真っ直ぐ立つオフィスビルのように真っ直ぐと前向きに成長を促す「未来」「希望」といった前向きなイメージを与えている。
実際に働く人の姿と雰囲気を伝えるデザイン要素の写真(左下)
コンテンツの至る所に現場に関わっている方々の写真を置くことで現場の雰囲気を感じ取っていただき、信頼感と誠実さのある雰囲気を醸成している。
対象の写真要素には「青色」のオーバーレイを被せ、サイトで大切にしている「信頼感」、「誠実」といった想いを真摯に伝えている。
シンプルさを心がけた「Performance type、Digital marketing」
<ファーストビュー>
字の太さより力強さが強調されしまうため、1行のみコーポレートサイトカラーで施し、落ち着きのある雰囲気でまとめている。
よって、写真の質感を維持するように工夫し、写真要素に少し重ねることで奥行き感を醸成し、単調なデザインになることを払拭している。

<Solution(解決課題)>
背景に文字(白色)をあしらって落とし込むことで、心を掴むメッセージ性を作り出している。
シンプルなデザインの方向性に馴染むように配色は派手にならないように、他色を際立てる「白色」で配色を工夫した。
Blue-Digital_Agency
Back to top page